10月15日(日)第9回『シニア福祉アドバイザー検定』の検定試験が行われました。

その他の情報

2017年10月15日に東京・大阪の2会場にて開催されました第9回『シニア福祉アドバイザー検定』直前講習会と認定試験に吉本興業の宮城県 地元お笑いタレントである「まつトミ」のお二人と、東京・大阪・愛知・福岡などでご活躍の芸能リポーター 川内 天子さんが今回、挑戦されました。
「まつトミ」のお二人は、一人が看護師資格を持ち、もう一人が福祉大学卒業生というコンビです。
お笑い芸人でありながら、お二人とも福祉医療分野に興味を持たれ、今回、被災地でもある宮城県でシニア福祉アドバイザーとして、様々な方々のご相談を聞けるようにと今回の受験となりました。
芸能リポーターの川内さんは、『いきいきつながる会』の会員さまでもありますが、何より芸能の世界でも超高齢社会を感じる事があるの事で、今後の活動に活かしていきたいとの思いから、今回の受験となりました。

写真左が芸能リポーターの『川内 天子』さん、右がお笑いタレント『まつトミ』の二人。