7月16日発行の環境社会新聞 508号では「高齢者を見守ろう!」と題し『身元保証人がいないリスク』『買い物難民(弱者)』について寄稿しています。

メディア情報

地震、大雨、そしてこれまでにない猛暑!みなさんは大丈夫でしょうか?
今回の寄稿では、超高齢社会が進行する社会で、これからますます増加すると思われる「身元保証人のいないリスク」についてのご紹介と、地域商店の衰退、単身世帯の増加、高齢のための身体の衰えなどで問題が表面化してきた「買い物難民(買い物弱者)」ついてを実例と共に取り上げました。
さらに、高齢者サポートの専門家養成講座の「シニア福祉アドバイザー検定」についても紹介しています。