令和利他新報の2021年新年(第538)号が発行されました。当会理事長は、新年の辞を寄稿させていただきました。

メディア情報

皆様、新年あけましておめでとうございます。
「蜜を避け例年とは異なる年明けでしたが、皆様方のご健勝をお祈りし、新年のお喜びを申し上げます。」これは当会理事長、石川知巳の新年の辞の冒頭です。
確かにこの新年は、昨年末からの感染拡大の影響で自粛の中での年明けとなりました。
当会の見守り活動も感染予防のために訪問を控え、お電話での安否確認をするなど、その影響は小さくありません。自粛生活の中、ストレスを抱えている方が多いことと思います。
こころの不調は目に見えませんが、考え方や見方を変えて体を動かしたり、趣味を楽しんでみたり、家族や友人など信頼できる人との会話など、ストレスと上手につきあいコントロールできる方法を見つけてください。