令和利他新報531号(令和2年6月16日発行)へ(一社)シニア福祉相談士検定協会より寄稿させていただきました。

メディア情報

前号に引き続き「コロナ対策」についてと、この時期に高齢者が気を付けたい「うつ症状」について寄稿させていただきました。
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言は解除され、最近は街中の人出も以前に戻りつつあります。しかし、油断は禁物です。
厚生労働相が行った抗体検査で、抗体陽性率は東京0.10%、大阪0.17%、宮城0.03%だったそうです。これは、99%の人が抗体を保有していないということなので「第2波への十分な備えが必要だ」ということです。
これからもコロナ対策は必要で、さらに熱中症にも気を付けながら過ごしましょう。