7月(第544)号の令和利他新報には、この時期気をつけたい事や認知症対策(Part 1)などを寄稿しました。

メディア情報

いよいよ夏本番‼︎ オリンピックも始まり、連日メダル獲得の報道が賑やかです。直前まで中止とか騒いでいたマスコミも一転、興奮気味にオリンピックの話題ばかり??? コロナ感染者数と並行報道。なんとも奇妙な今日この頃です。
さて、今号の令和利他新報の寄稿は「この時期紫外線に注意」と「家族に認知症が発症したら?(パート 1)」の2本立てです。
夏の紫外線、7月は特に注意が必要です。日傘や帽子、サングラスなどでの紫外線対策が大切です。
「家族に認知症が発症したら?」の項目は、高齢者と暮らす家族へ向けての内容です。パート 1 では、大切な両親が認知症を発症した場合、その悪化を防ぐため「叱りつけない、過度に神経質になり注意しすぎない、過度に管理しない」などに言及しています。
是非、ご一読ください。画道をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。