令和利他新報9月(第546)号への寄稿は「老後のお金について」を取り上げました。

メディア情報

9月も半ばを過ぎ、朝晩は過ごしやすくなってきました。しかしながら、昼間はまだまだ暑い日が続きそうです。
さて、令和利他新報今号の寄稿は、「終活」を考えるときに重要な項目の一つである「お金」についてです。老後のお金に纏わる問題として「老後破綻」や「老後破産」などがあり、老後の資産設計は重要です。
老後に必要となる金額を具体的に試算できず、退職金や年金に頼った生活は危険です。また、恒例になり介護が必要になった時の備えにも、お金の問題はついて回ります。
老後の生活を想像し、それを基に試算設計し補填が必要な場合にどうするのか、介護サービスや高齢者施設への入所に必要な金額の把握など、予め知識を持っておくことはとても大切なことです。
「終活」を考える時の参考資料として、シニア福祉アドバイザー検定がお役に立てると思います。