令和利他新報11月(第548)号は先月の続きで「腸内環境を整える方法」をご紹介しています。

メディア情報

今号は先月の続きの「腸内環境を整える方法」と「イライラコントロール パート①」をご紹介しています。
「腸内環境を整える方法」の一番はやはり「食生活」なんですね。中でも食物繊維・発酵食品は重要で、食物繊維は腸の老廃物を押し出してくれ、さらに発酵食品の善玉菌の様々な働きで腸内環境を整えるてくれるようです。
また、ストレス解消は脳と腸の関連で腸にとって良い影響を与えるということです。さらに「腸マッサージ」も有効です。
「イライラコントロール パート①」では、イライラの発端である「怒り」の感情に至る原因や、その感情が周りの家族などに及ぼす影響について簡単に紹介しています。